RSS取得

2010年10月27日

ドメイン的、最も危険な国はベトナムだった!-デジモノオタクの店長日記-



なのだそうです。


こんにちわぁ。


デジオタ店長です。



今日はちょっと気になったので、ドメインについてのニュースを書かせていただきますねぇ。



マカフィーMcAfee)が27日、リスクの高いWebドメインを調査した年次報告書





「危険なWebサイトの世界分布2010」を発表しました。


そして、ベトナムの「.vn」が安全なドメインから、「.com」「.info」に次いで3位、国別ドメインでは1位の危険度に急浮上したのだそうです。



今回の調査にあたり、マカフィーは2,700万以上のWebサイトを分析。



その結果、「.com」(31.3%)と「.info(30.7%)」が、もっともリスクの高いトップレベルドメインであることがあきらかに。



国別では、「日本(.jp)」の総合危険度は 0.1%であり、昨年に続き2年連続でもっとも安全な国別ドメインとなり、


その他、分析された2,700万のWebサイトのうち、6.2%にセキュリティリスクがあり、昨年の5.8%から増加したことが判明したのだそうです。

また2010年、国別ドメインのランキングが大きく変化したんだそうで、


なかでも昨年39位であった「ベトナム(.vn)」は、29.4%がリスクをもたらすと評価され、1位に急浮上。



昨年もっとも危険度が高いと評価された「カメルーン(.cm)」は、36.7%から22.2%とリスクは下がったものの、依然2位にランクイン。



これはサイバー犯罪者が.comのタイプミスを悪用して、ターゲットを悪質なダウンロードスパイウェアアドウェア、その他の不審なプログラムに引き続き誘導しているためなのだそうです。



2008年、2009年と2年連続で危険なドメイン上位5位にランクインしていた、

「西サモア(.ws)」と「中国(.cn)」は、「.ws」は17.8%から8.6%へ、「.cn」は23.4%から4.8%へと安全性が大きく向上しました。


また「シンガポール(.sg)」は、ドメイン登録する際に適切な書類の作成が必要になったため、

ランキングが10位から81位に下がり、安全性が大幅に向上したのだそうです。



昨年もっとも安全な国別ドメインであった日本(.jp)は、2010年も総合危険度は0.1%と、2年連続でもっとも安全なドメインとなった。


うーん、結局は何故、ベトナム(.vn)が危険なのかは分からないのですが、当分はこれらのドメインメールサイトには注意をはらわないといけないってことになりますねぇ爆弾



ボクもベトナム料理は好きなんですが、気をつけよっと。












<デジ☆マニ・マーケット 〜デジタル家電・通販 快適生活〜>
HP http://digimani.at-ninja.jp/


posted by デジオタ店長 at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
専門的な内容が多いですね。
ドメインって?
com?
タイプミスを悪用?
駄目ッス、世間に着いて行ってないです。

食もネットも日本は安全な部類だよってことでいいですかw
Posted by すがーりん at 2010年10月27日 23:16
すがーりんさん→
どもです。
そうですねぇ。
今回は専門用語が多いですねぇ。
赤い文字のところはクリックすると、説明の所へ行ってくれると思うので、もしよろしければ、クリックしてみてくださいネ☆
そですねぇ。
カメルーンはドメイン名が、.cmなので、.comと似ているので、.comになりすましたスパムによって悪用されやすいのですね。
ま、日本は安全な部類ってことです。
が、ココに書いてあるドメイン名で来たメール等にはご注意を。
Posted by デジオタ店長 at 2010年11月05日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167364751

この記事へのトラックバック