RSS取得

2013年10月26日

ちょっぱやでお湯が沸く瞬間湯沸かし器ッス☆

こんにちわぁ。
デジオタ店長です。

そろそろ寒くなってきますねぇ><

あったか〜いコーヒーとかが恋しくなる季節です;;

でも、そう言うときのお湯って欲しいときに欲しいんであって、普通の給湯器みたいに沸かしっぱなしとか、電気ケトルみたいな量が欲しいんじゃなくって、

カップ一杯くらいが、パッと! ホント、瞬間的にお湯になってると嬉しくなりません?

そんなデジモノを探してみました。

それがこの「スーパー湯〜マッハII VS-SYM55II 」です。



もう、名前の通り、カップ一杯分のお湯なら約5秒で注げちゃいます!

温度も常温・80℃・95℃と、用途に応じて変えれますし、

水量も150mlと300ml、2つの注ぎ分けが出来ちゃうんです。

注ぎ口だってカップに応じて、伸縮調節が可能ですし。

 スーパー湯〜マッハU

VS-SYM55U  注ぎ口

水タンクも本体背中に2.5リットルまで、溜めておけるんですよぉ♪

スーパー湯〜マッハU

VS-SYM55U タンク

今までありそうでなかった便利デジモノじゃないですかぁ^^



……なんで、カップラーメンには使いづらいかもww






スーパー湯〜マッハII VS-SYM55II
参考価格:10,290円

※価格は変動します。
posted by デジオタ店長 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理が楽しくなっちゃうアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

ノンフライヤーの意外な使い方!?

こんにちわぁ。
デジオタ店長です。

最近、結構話題になった「ノンフライヤー」

コレですね↓



油なしでも揚げ物が出来る画期的なデジモノとして、今年のトレンドデジモノになるんじゃないかなぁ。

そんな風に思ってるのですが。

実はこのノンフライヤー。

揚げ物以外にも面白い使い方が出来たりするのです^^


その1 ゆでたまごが作れちゃう♪

生卵を殻付きのまま入れて、温度100℃、タイマー10分で加熱すると、ゆで卵を作ることが出来ちゃうのです。


その2 焼き芋が作れちゃう♪

これからの季節にピッタリ。
アルミホイルで包むことにより、焼き芋を作ることが出来るのです。


その3 パンが作れちゃう♪

オーブンとしても使えたりするので、欧米ではコレでパンも作ったりするそうです。


揚げ物以外に使えるとは!

ますますコレ、イイなぁって思っちゃいました^^



……ですがコレ、揚げ物の衣の色がどうしても薄くなるので、見た目美味しそうにならないんですよねぇ。なので、網にも同様ですが、スプレーで油をちょっと掛けたほうのが、衣の色も濃くなりますし、網からも剥がしやすくなるので、油はちょっとは必要かなぁ^^;





とある偉い御人が言っておりました。
この処方の通りにしたら、きっと二週間で全快しますよ。それはどうしたら、他人を喜ばすことができるか、ということを毎日考えてみることです。不幸に陥る人は、自分のことだけを考えている人です』と。。。






PHILIPS ノンフライヤー HD9220/27
参考価格:23,250円

※価格は変動します。
posted by デジオタ店長 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理が楽しくなっちゃうアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

タニタからの提案! 野菜がいっぱい摂れるクッキングスケールですよぉ♪

こんにちわぁ。
デジオタ店長です。

野菜、摂ってますかぁ?

今年は暑かったせいで、野菜の収穫量もイマイチらしく、摂るのも大変ですよねぇ><

だから余計、効率良く摂りたいものです。

ってことで、野菜摂取を効率良く摂れるようなデジモノがないかと探してみました。

それがこの『TANITA デジタルクッキングスケール にんじん KD-199』です。

TANITA 【野菜の目標量・使用量がわかる / 0.5g単位の高精度】 デジタルクッキングスケール にんじん KD-199-OR / タニタ

タニタのクッキングスケールですよぉ♪

それダケで、なんとなくヘルシー感を感じます(笑)

機能としても、ご家族に合わせた摂取目標量と、合計の使用量。さらに達成度まで分かってしまうのですよぉ☆


ご家庭に合わせた摂取目標が簡単にわかる
ご家族の人数と、野菜摂取レベルを入力すると摂取目標量を自動で計算し、お知らせ。

野菜をのせてボタンを押すだけで使用量の合計を表示
野菜を載せて、ボタンを押すだけ。野菜使用量の合計を表示する。

また、現在の使用量と目標量の差を表示するので、目標達成までに、あと何グラム野菜を使用すればいいのか、具体的にわかる。


達成度がマークでわかる
一目でわかりやすいように、目標達成度に応じて(星マーク)が表示される。


当然、クッキングスケールとしての精度も高く、0.5g単位で計ることが出来るんです。(最大2kgまでオッケー)

ディスプレイも大きく見やすいので、野菜を摂りたい人にはうってつけのデジモノですよねぇ^^


……ただ、この目玉(だと思われる)機能。複数回の累計重量まで記憶してくれるのですが、継続的にやるの、面倒くさくなって結局普通の計りになっちゃうかなぁ^^;





とある偉い御人が言っておりました。
運命を変えるには大きな努力なんて必要ないんです。必要なのは、日常の小さな習慣を積み重ねていくことだけなんですね』と。。。






TANITA(タニタ) デジタルクッキングスケール KD-199
参考価格:2,254〜2,497円

※価格は変動します

posted by デジオタ店長 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理が楽しくなっちゃうアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。