RSS取得

2013年07月29日

ノーパソ初心者の人、選ぶときはコレだけは知っといたがイイかもよ!

ども。
デジオタ店長です。

ノートパソコンって便利ですよねぇ♪

ボクも昔はデスクトップのパソコンを使っていたのですが、ヤッパリ使い勝手の良さから、今のメインはノートパソコンになっております。

……ま、ボクの場合、ノーパソと云うよりモバイルPCでチマチマとやってるんですケドねぇww←ビンボー悲しい;;


でも、いざノートパソコンを買おうと思っても、何買って良いか分からない人もいますよねぇ。

ってことで。

初めての人がノートパソコンを購入する際にココだけは押さえときたいってポイントを書いてみます。

それはUSBの数コスパCPUバッテリー

こんな感じですねぇw
って、コレじゃあまりにも不親切なので、一つづつちょっと解説しますね。


チェック1:USBの数

いわゆる家電で言うところのコンセントのようなもの。

なので、1つ2つじゃヤッパリ、もの足りないですねぇ。

せめて両側2つの計4個くらいは欲しいところです。


チェック2:色

ノートパソコンは手軽さから、多分、色んなトコや色んなときに使いたくなると思います。

なので、白とかは初めスタイリッシュでステキ! なんて、買っても手が汚れてたりすると、すぐに汚れちゃってみっともなくなります。

なので、出来れば黒とかの色の濃いモノがオススメです。


チェック3:コストパフォーマンス

日本製のパソコンに比べると、どうしても海外の製品の方のが安くて高性能なモノが多いです。

ホントは国産の方のが安心なので、オススメしたいのですが、ココでも海外の波が(´;ω;`)ブワッ


チェック4:CPU

コレがパソコンを初めて購入する人にとっての壁に多分なってしまうトコですねぇ。

店員さんが言ってることが、呪文のようでチンプンカンプンになってしまって……結局、訳分からんまま、買ってしまうという人も><

ま、ぶっちゃけメモリは後から追加すればイイと思うので、今、買うならCPUがcore-i5以上と書かれているモノがイイでしょう。

メモリも交換を自分でするってのがちょっとコワイなぁって思っている人は最低でも、メモリ4GBはあればイイかなって思います。


チェック5:バッテリー

ココも重要。

最初、「家の外で使う予定なんてないやぁ〜」って思っている人も、後々そういうシュチュエーションが出て来る可能性って高いです。

なので、最低でも3〜4時間以上持つモノを買ったが無難かと思います。


こんな感じですが、どうですか?

少しは参考になれば幸いです☆

posted by デジオタ店長 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

家電の寿命ってどんだけなん?

こんにちわぁ。
デジオタ店長です。

いつもお世話になっている家電ですが。

”寿命”って気になりません?

特に最近の家電って、昔に比べると大分繊細になってるから、そこんトコロ気になるんですよねぇ><

ってな訳で調べてみました。


まず、液晶テレビ

バックライトの寿命は5〜6万時間つけっぱなしで、6〜7年使用可能と言われています。

なんか、イメージ湧きませんねぇ^^;

一般的には液晶テレビ自体の寿命は約8年だそうです。←10年も保たないとは(汗)

ちなみに7〜10年経った液晶テレビは修理よりも新製品に買い換えた方のがお得なのだとか!?


次に冷蔵庫

日本製の冷蔵庫の平均寿命は10〜15年だと言われています。←ま、約10年前後がボーダーラインのようですが。


お次は洗濯機

洗濯機はだいたい8年前後なんだそうです。

ドラム式だと、一般的な寿命は洗濯機を使った回数って感じになり、洗濯機にもよるんですが、だいたい2500回〜3500回くらいが寿命なのだそうです。

ちなみにメーカーでは、部品を7年間は保有しなければいけないって義務があるそうです。


で、エアコン

エアコンはだいたい7〜10年くらい。←室外機のコンプレッサーによるところが大きく、掛かる負担を軽くすれば、またはコンプレッサーが稼動する時間を短くするほど、コンプレッサーの寿命は長くなるそうです。


最後に掃除機

家庭用掃除機は、モーターの寿命=製品寿命でして、だいたい7〜8年なんだそうです。



……うーん、昔は”家電製品の寿命は10年”って言われていたのに……どれも短いなぁ><

posted by デジオタ店長 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

高いイヤホンを買えばイイ迫力ある音が聞ける訳じゃない!

こんにちわぁ。
仕事に行くときは必ずと言ってイイほど、iPhoneで音楽聞きながら電車に乗ってるデジオタ店長です。

……なのですが、この間、標準に入ってる純正イヤホンが壊れちゃいまして><

普段、カバンの中とかに入れてるんで、取り出すとき、ちょっと力を入れて引っこ抜いたら、配線がちょっと断線しちゃったみたいで(´;ω;`)ブワッ

そんな訳で新しいイヤホンを買い求めるために色々調べたわけですよぉ。

で、分かったことなんですが。

【店頭などで掲示されてるスペックは参考くらいにしかならない】

人間の聞き取れるとれる周波数帯域なんて所詮、20Hzからせいぜい2万Hz(20kHz)なので「それ以外の周波数帯域でも再生可能ですよ」って言われても意味なし。

で、迫力を感じる低音域は実は5千円くらいの廉価機と1万5千円くらいする高級機でも変わらなかったりするんですよ。

じゃ、高級機はなんで高いの? ってなるのですが、それは音のバランスが全体的に良いってこと。

なので、『迫力』を求める方は無理して高級機を買わなくっても5千円くらいのヤツで十分ってワケなのです。

それよりも重視したいのは耳にどれだけしっかりとフィットするか?

コレが何より重要なんです!

なんで、「カナル(耳栓)型」を推奨!!

ヤッパリ、音漏れしてちゃせっかくの良質な音も台無しですからねぇ^^;

ま、結論として、イヤホンはちょっと店頭にでも行って、出来れば自分の耳で試聴出来たら良いってことかな☆

posted by デジオタ店長 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする